スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XLR-RCAケーブルを自作してみた。材料調達サウンドハウス

どうもこんにちは
音楽機材とかまだまだ初心者レベルですラヴィーズです。
初めての人でも解るようにXLR-RCAケーブルの作り方を紹介していきます。
今回はXLR-RCAケーブルを自作してみた。

というのもXLR-RCAケーブルってなかなか売ってないんですよね。
Amazonに2,3点しかなくて送料込みで4000円ぐらいになっちゃう。

じゃあ、サウンドハウスで探そうかって探してたら
バラ売りのケーブルとコネクターがあるじゃありませんか!
これは作るしか無いと思い、部品を購入することに。

音楽機材を買う時はいつも利用させてもらってる
安いし即納だぜ!サウンドハウスさんイケメン!!

サウンドハウス



今回使用した材料がこちら↓

MOGAMI ( モガミ ) / 2534-1m Black

・これを2m購入 小計360円
ちなみに長さを測った所、2m15cmほどありました。
ありがとうサウンドハウスさん流石やで。


TOMOCA ( トモカ ) / JS-65R

・赤と白を購入 小計320円
バネが付いてるからケーブルに負担がかからない気がする
ていうかかっこいいだけで選んだ。金メッキ処理。


NEUTRIK ( ノイトリック ) / NC3FXX-B

・XLR♀コネクタ 2個購入 小計680円

金メッキ。
ちょっとこれは高い買い物してしまったかも。
でも金メッキって言葉に弱い。


代金引換無料 送料420円 合計税込み1820円のお買い物でした。

2013121701.jpg

安く作るならもっと安いパーツはいっぱいあるし
ちょっと高く付いたけど、完成品を買うよりは安いです。たぶん。
届いた瞬間我慢出来ずにケーブルむいちゃった。



ただ、このサウンドハウスさん、恐るべき価格でケーブル置いてるんですよね。
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CXR010F


300円って!2個だから600円で買える。
悩みましたがブログのネタにもなるのであえて私は自作しました。



XLRメスを開封
2013121707.jpg
4個部品が入ってます。

2013121706.jpg
くっつけるとなんだかセミみたい。

で、今回の配線はどこに使用するかというとミキサー1204USBの背面
メイン出力のXLRコネクタに挿してアンプRCAへ出力します。

2013121701aaa123beh1.jpg
真ん中の所です。


作業を開始する前にニッパーの切れ味が悪いので新調する事にしました。
あとテスターの電池が切れてるのでそれも買いに行くことに。
ついでにカッターも98円で買いました。

ニッパー買ってきた。
2013121702.jpg
やはり最低限切れそうなニッパーになると1000円は超えますね。

ニッパーのパッケージの裏にインシュロックが・・・!!!
2013121703.jpg

「おい誰かニッパー持ってこい」

ニッパーを取り出すのにニッパーが必要な訳で
そのニッパーを買ったらニッパーがまた必要で…(永久)
まじでそう思いました。
ニッパー持ってない人がこの商品買ったら、このインシュロックどうすんだろう。
古いニッパーで切断出来たから事なきを得た。

作業開始
2013121704a2.jpg
カッターでむいていきます。


適当に切れたらラジオペンチ(ラジペン)で引っ張ります。
2013121704.jpg
あら綺麗。

モガミ2534を使ってみたかったのです。
青2 白2 外周1
5ライン入っていることになります。
なんだかよくわからない透明のコードも入ってたのでそれは根本から切断。

エスプレッソで作業がはかどる。
2013121705.jpg

カッターで切れ目を入れてから
ニッパーで力加減をしながら引っこ抜いていきます。
2013121708.jpg

仕事で機械の配線やらメンテナンスをしてた時
ワイヤーストリッパーやラジペンの穴を使って剥いたことがありますが
この方法が一番中の銅線を切らしにくいです。

でも少し時間がかかるので
「多少の犠牲は仕方あるまい。」
と言いながらのワイヤーストリッパーが楽です。

ラジペンで引っこ抜いてもいいですが、たまに引きちぎります。

青は青と、白は白とねじって合体させます。更にハンダ付け。
2013121709.jpg

予備半田をしてXLRメスにぶち込んでいきますが
左から2,3、1番です。
2013121711.jpg

1番に外周の銅線を繋ぐ事にしたので少しラジペンで広げました。

どこかで拾った配線図ではこのようになってます。
2013121701aaa123haisen.gif

XLR♂とフォーンなので少し違うのですが
基本的に2番がホット。ホットが真ん中RCA。
どちらにせよ1番と3番をショートさせるので
2番のホットを気にかけてやれば問題ありません。

ここで気づいた人も多いと思うので。そうなんです実は
別にモガミ2534なんてケーブル使わなくても良いんです。
明らかにオーバースペックと言うか。
ケーブルは2芯あれば事足ります。

どうせRCAでアンバランスになるので
XLRメスにバランス配線を考慮する必要は無いです。
モガミ2534は評判が良かったので使ってみたかっただけです。

XLRメスに予備ハンダしたモガミ2534を合体。
2013121710.jpg

ぐらぐら動いて腕が3本欲しくなったので
線を同時に3本入れてから1番をラジペンで締めると作業しやすかったです。

ハンダの腕はへっぽこです。
久しぶり過ぎて参りました。

注意 ちなみに通らなくなるので留め具の方のパーツは線を通しておきましょう。

RCA・・・狭い。ホットプラグにショートしそうだ。
2013121712.jpg
ホントに狭くてあーてもないこーでもないと、線の長さを調節しながら
半田付した後、白いカバー部品1個入れ忘れてたので
やり直してこの画像のはボツになりました。

しかも白いカバーが行方不明でそこら中ひっくり返して大変だった。
2013121713.jpg

それともう1つハプニング発生。
真ん中のRCAピン(ホット)が曲がってるじゃないか。
熱を加えすぎたんですね。

白いパーツを入れ忘れてたしちょうどいい機会だ。
あえなく分解して白いパーツを入れてからハンダ付け。

手袋をしながら2番ホットに熱を加えながら、プラグを真ん中へ戻しました。
良かったよかった。

2013121712a2.jpg

RCAは作業しにくかったので若干汚いです…。
予備ハンダをRCAグランド+コールド側にもオススメします。

まぁ2番のホットだけキレイにつながってたら良いんですよ。
ショートしてないか十分に目視してからフタを閉めました。

2013121714.jpg

さすがバネ付き、なんだかかっこいい。

あとは念のためテスターで通電チェックです。
が、買い物に行ったにも関わらず、関係無いものばかり買ってしまい
肝心のテスターのボタン電池を買うのを忘れてました…。

まぁ十分確認したし大丈夫でしょう。
ということで完成。
通電させても問題はなかったです。

2013121715.jpg

で、肝心の音はどうだったかというとですね。
デバイスを変えてるのでなんとも言えないです。

今まで
PCサウンドボード-miniピンRCA→ミキサー(track out RCA)→アンプRCA
だったのが今回の変更で
PC-USB→ミキサー(メイン出力)→アンプRCAに変わりました。

PCからの出力方法とミキサーからの出力方法が2つ違うので
音が良くなった!とは言えないのです。

今までの環境から比較すると結果的には
しいていうなら劇的に音がでかくなりました。
音質もかなり向上した気がします。
音の解像度が上がった感じはあります。
倍音が少し増えたような気が…?
たいへん良くなりました。
満足してます。

で、「だから音はどうなんだよ」と言われるとですね
「自作っていいのかよ?モガミってどーなのよ」って言われるとですね。
解らないです。

ケーブルを比較はしてないので解らないのです。
もし同じ環境でサウンドハウスで300円の
XLR-RCAケーブルと変えて比較したとしてみても
同時に比較しないとおそらく解らないです。
(線を繋ぎ変えてる間にわからなくなります)

1本4000円や1万円のケーブルに変えても多分解らないでしょう。
そんな所にお金をかけるならサウンドカードやDACやスピーカー等
他にお金をかけるべき所があるので…。

つなぎ変えて変わったと主張してもそれは気のせいだと思います。
オーディオはある程度の音を手に入れたら
「うわー音が良くなった!(気がするんだよなぁ。高いケーブル買ったし)」
っていう思い込みの世界と紙一重だと思います。

要するに目隠ししてどっちがどっちのケーブルか当てろと言われると無理です。
100%正解しないと、それは思い込みだということです。
オーディオマニアの方からするととんだお笑い野郎ですが
(まだまだその程度の人間です。)
違いがわかる人は勇ましいです。

この間音楽のプロがAACとかMP3とかwaveとか
ハイレゾ音源の聞き分けをしてましたが、
さすがにmp3 192kbpsと無圧縮では違いが解るものの
ハイレゾとAACを比べてAACが良いと答えたり
ある一定以上行くと解らない、解りにくい。好みの問題とも言えます。

オーディオマニアで無い限り
ケーブルはそこそこの使っとけば問題無いと思います。

自分の環境の場合これ以上の音質を求めるなら
次に変えるべきはスピーカーですね。
スピーカーも今でも十分満足しているので
今のところは変える気は無いですけどね。

今までギターシールドは何本か使ったことあるんですが
金メッキされてないシールドはすぐ駄目になるんですが
金メッキされてるモンスターケーブルは何年たっても普通に使えてます。

そこが決め手で今回金メッキのパーツをチョイスした次第であります。
RCAケーブルでも金メッキで違いが出ますね。
何よりも錆びないってのはデカイです。

長い目で見れば安物買いの銭失いをするよりは
金メッキ加工された信頼あるメーカー選ぶのをオススメします。
XLRでもRCAでもフォーンでもそう思います。

自作はなかなか勉強になって楽しかったです。
自作したことがない人にちょっとでも参考になれば幸いです。
今度気が向いたらマイクケーブルも作ろうと思います。


ゴールドとプラチナとダイヤモンドは永遠の輝き。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そこで、爪切りの登場

Re: No title

>>az9さん
お久しぶりでーす。

頑張ったらナイフとかでロック解除しても取れるんですけどね!





プロフィール

ラヴィーズ

ネトゲPC音楽ギター等のブログ

LOL→loveez


カウンター
サイト内検索
カテゴリ
更新履歴カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク
他サイトリンク
【ゲームタイトル】+ブログ名
更新が無いブログは【休】です
相互リンク様募集
このブログをリンクに追加する

ネットゲーム全般・攻略ブログ
PSO2ブログ巡回屋 TERA・攻略ブログ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。